So-net無料ブログ作成

日本代表のユニフォームは青 [M@ミュージアムマネージャー]

今日はサッカーの日です。

85年前の今日サッカー協会が、大日本蹴球協会として発足した日です。

それではその記念日に発表します。
一体何故
日本代表のユニフォームが青になったのか。

これが真説です。

1930年(昭和5年)神宮外苑競技場(現国立競技場)で行われた
第9回 極東選手権大会で
ついに日本代表は対外試合公式戦初優勝を果たしました。

日本代表メンバーは
斉藤才三(関学)、後藤靭雄(関学)、
竹内悌三(東大)、野沢正雄(京大)、
竹腰重丸(主将、東大)、本田長康(早稲田)、
高山忠雄(東大)、篠島秀雄(東大)、
手島志郎(東大)、若林竹雄(東大)、
春山泰雄(東大)、阿部鵬二(東大)、
杉村正三郎(早稲田)、井出多米男(早稲田)、
市橋時蔵(慶應)の15名

岸山義夫(東大)、近藤豪五郎(東大)、大町篤(東大)、西村清(京大)が
候補でしたがそれぞれの理由で辞退して、エントリー15名になっています。
マネージャーには東大の斉藤五郎、坂野清。

つまり、この時日本最強のチームは東京大学だったのです。
当時は最も強いチームが日本代表に選ばれ、
そこに他チームの選手を補強していました。
当然ユニフォームは、東大のユニフォームとなります。

東大のユニフォームは青。

ただし胸のマークは他競技と同じく「日本体育協会」の日章旗のようなマークです。

5月25日 7−2 フィリピン
手島志郎、若林竹雄4、市橋時蔵、オウンゴール
5月29日 3−3 中華民国
篠島秀雄、手島志郎2

実際には中華民国と再試合を協議したのですが、
中華民国チームは賛成せず、両チームが1位、
選手権は預かりとなっています。

これが日本代表の国際大会初優勝です。

極東3国の試合とは言え9回目にしてやっとの初優勝です。

次のマニラで行われた第10回極東選手権大会で
大会そのものは幕を閉じるのですが、
この大会出場チームの主力はほとんど早稲田大学で
東大はいないにもかかわらず
日本代表のユニフォームは青です。
そして、左の胸には日の丸がついています。

1930年(昭和5年)日本サッカーの歴史に冠する栄光の初優勝。
ここが日本代表のユニフォームが青になった出発点ではないか。

日本サッカーミュージアムの見解です。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ミユキック

選手の名前からも歴史を感じますね(@@;
一度赤色になったとき戦績悪くまた青に戻ったとお聞きしました。
アウェーの色についても知りたいです。
ご存知でしたら教えてください。

by ミユキック (2006-09-11 17:53) 

日本サッカーミュージアム

当時セカンドユニ(アウェー)という概念は、全然ありません。
つまり選手は一枚きりのユニフォームを着続けていたのです。
しかも長袖すらなく、真冬でも七部袖です。
もっとすごいのは、ゴールキーパーも同じ色のユニフォームです。
戦争が終わって、FIFAに再加盟が許されても、
しばらくは七部袖青一色一枚で押し通しました。
物資がなかったこともあります。
セカンドユニ=白が登場するのはメルボルンオリンピックからです。
60年代は「白」が多く着られています。

赤いユニは1988年から91年です。横山監督の時代です。
カズが赤いユニを着て日本代表デビュー、
91年キリンカップで優勝しました。
「優勝したらいくらもらえるんですか?」
キリンカップの開催告知する記者会見で、
マジな顔でカズが言ったのを覚えています。
出席した人は記者も全員
「そんなことあるわけないだろう」って
冗談だと思って笑っていました。

この優勝後、オフト監督になり
怒涛の日本サッカー新時代に突入していきます。



by 日本サッカーミュージアム (2006-09-12 11:29) 

ミユキック

早速のご解答・興味深いお話、ありがとうございましたm(_ _)m


by ミユキック (2006-09-12 23:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。